So-net無料ブログ作成

東京タワー・筑豊篇 [小説]

【東京タワー】で使用された内田三連橋だ。 中川雅也がバイクで通った赤レンガの三連アーチ橋である。
この橋は1895年(明治28年)に建築された橋で国の登録文化財に指定されている。 場所は田川郡赤村である・・・。


2007-03-06 07:43  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

シモンズ [小説]

【シモンズ】は田中ユミ、玉井タエの女性デュオである。
いわゆる関西フォーク系に属する。
シモンズの名前は二人がファンであった「サイモン&ガーファンクル」のサイモン(Simon)をローマ字読みしたもの。
二人は高校時代からベッツィー&クリスのカバーなどを歌ってライブ活動をしていた。
毎日放送の「ヤングタウン」のオーディションで合格。高校卒業後に上京し『恋人もいないのに』でデビュー・・・。


2007-02-22 03:19  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

西条八十 [小説]

昭和を飾った名歌手たち(6)

昭和を飾った名歌手たち(6)

  • アーティスト: 小唄勝太郎, 長田幹彦, 佐々木俊一, 谷屋光次, 西条八十, 村越国保, 三島一声
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 1999/01/21
  • メディア: CD


西条 八十(さいじょう やそ、西條八十とも、男性、1892年1月15日 - 1970年8月12日)は、日本の詩人、仏文学者である。
東京都出身。 1898年、桜井尋常小学校に入学。 旧制早稲田中学(現早稲田中・高等学校)在学中に吉江喬松と出会い生涯の師と仰ぐ。 早稲田大学文学部英文科卒業。後にフランスへ留学し、帰国後早大仏文学科教授。
名前は筆名ではなく、本名である。両親は、苦しいことがないようにと、「苦」に通じる「九」を抜いた「八」と「十」を用いて命名した。
童謡詩、象徴詩の詩人としてだけではなく、歌謡曲の作詞家としても活躍し、佐藤千夜子が歌ったモダン東京の戯画ともいうべき『東京行進曲』、戦後の民主化の息吹を伝え藤山一郎が躍動感溢れる歌声でヒットした『青い山脈』、中国の異国情緒豊かな美しいメロディー、『蘇州夜曲』、古賀政男の故郷風景ともいえる『誰か故郷を想わざる』、『ゲイシャ・ワルツ』、村田英雄の男の演歌、船村メロディーの傑作、『王将』等無数のヒットを放った。


2007-02-01 03:29  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

フランク永井 [小説]

<COLEZO!TWIN>フランク永井

<COLEZO!TWIN>フランク永井

  • アーティスト: フランク永井
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2005/12/16
  • メディア: CD

1932年3月18日 - )は、日本の歌手。  本名は、永井清人(ながい きよと)  。宮城県志田郡松山町(現・大崎市)出身。独特の低音ボイスは、多くの人を魅了し、歌謡界に多くの軌跡を残した。  歌手にあこがれ上京。  進駐軍のキャンプ地でのトレーラー運転手、バイト生活を経て、アメリカ軍のクラブ歌手に。  しばらくヒットソングに恵まれず苦しい生活が続く。  1954年(昭和29年)にビクターと契約。  ジャズなどを得意としたが作曲家・吉田正の目にとまり、歌謡曲に転向。  1957年(昭和32年)の「有楽町で逢いましょう」(これは、今は閉店となった有楽町そごうのキャンペーンソングである)が爆発的ヒットとなり、一躍スターの座へ。  自ら見出した松尾和子と共に歌った1959年(昭和34年)の「東京ナイト・クラブ」は、デュエットソングの定番として現在でも歌い継がれている名曲である・・・。


2006-12-26 12:26  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

吉田正 [小説]

いつでも夢を

いつでも夢を

  • アーティスト: 吉永小百合,和田弘とマヒナスターズ,三田明,トニーズ 橋幸夫, 橋幸夫, 吉永小百合, 佐伯孝夫, 吉田正, 和田弘とマヒナスターズ, 三田明, 西沢爽, トニーズ
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2006/02/22
  • メディア: CD

吉田正(よしだ ただし、1921年1月20日 - 1998年6月10日)は、茨城県日立市出身の国民歌謡作曲家。 死後の1998年7月に国民栄誉賞受賞。 生涯作曲数は2400曲を越える。  都会的で哀愁漂うメロディーは都会調歌謡と称され、ムード歌謡から青春歌謡、リズム歌謡まで幅広く手掛けた。  また、フランク永井、橋幸夫、三田明など多くの歌手を育て上げ、日本歌謡史の黎明期を支えた1人である・・・。


2006-12-26 01:36  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

オバケのQ太郎 [小説]

【オバケのQ太郎】ごく普通の家庭に住み着いた、一匹の間の抜けたオバケがひき起こす騒動を面白おかしく描く。 藤子流生活ギャグ漫画の原点にして、初の大ヒット作で代表作。 スタジオ・ゼロのメンバーである石ノ森章太郎が手伝った。 『オバQ』と省略されて呼ぶことも多い。 3度に渡ってアニメ化され、40年以上経った現在も根強い人気がある。 また藤子漫画はそれまでシリアス志向の強い作品が多かったが、これを機に『ギャグ漫画の藤子不二雄』として広く認知されるようになってゆく・・・。


2006-12-25 20:55  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

青木義朗 [小説]

あゝひめゆりの塔

あゝひめゆりの塔

  • 出版社/メーカー: 日活
  • 発売日: 2000/07/19
  • メディア: DVD

青木義朗・ 1929年東京・世田谷生まれ。 ハードボイルドの似合う稀有な日本人俳優。主に60~80年代にかけて日活ニューアクションやTVドラマ「特別機動捜査隊」の主任役などで活躍。 2000年に亡くなられた。


2006-12-25 15:40  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

トニー谷 [小説]

トニー谷  大正6年東京生まれ。 終戦で上海から引き揚げ、米軍劇場アニーパイル(現東京宝塚劇場)で働くと同時にジャズの司会を始める第一期のジャズブームの時のジャスコンの司会は彼なくしては始まらい程になった。 S26年ボードビリアンで一本立ちし、舞台、映画、放送に出演、おとっつあん・おっかっさんおこんばんは、さいざんす等、数々の流行語を生み、トニーの時代を築く、テレビ「アベック歌合戦」の司会は、記憶してる人も多い。 S46年頃から東京とハワイで半々の生活をしていた・・・。 あなとのお名前なんて言うの・・・。


2006-12-25 13:05  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

バッキー白方 [小説]

バッキー白方アロハ・ハワイアンズ。 白方与(長男)白方修(次男)白方茂(三男)白方健〔4男)4人の息子達。 バッキー白方は明治45年ハワイ生まれ、昭和10年ハワイ大医科を卒業して来日、ギター奏者として活躍、戦後アロハ・ハワイアンズを結成、ハワイ音楽の大一人者として知られている。 特にスチールでのアドリヴは絶品であったと云われており、ジャズの「チャイナタウン」等の世界的な名演奏という評判であった。 傘下から和田弘、山口銀次、三島敏夫等のスターを生んでいる・・・。


2006-12-25 11:31  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

平田隆夫とセルスターズ [小説]

『HIRATA TAKAO & SELLSTARS』・【平田隆夫とセルスターズ】・プロフィール 1968(昭和43)年 平田隆夫がセルスターズを結成。 1971(昭和46)年 『悪魔がにくい』でデビュー。 100万枚突破の大ヒットを記録。 1972(昭和47)年 『ハチのムサシは死んだのさ』で、レコード大賞受賞。 紅白歌合戦出場。 1977(昭和52)年 グループを解散。 平田と菊谷でコンピューター・ミュージックの制作会社を創立。 1993(平成5)年 川原まい(Vo)、松本朱未(Vo)の参加を得て、『平田隆夫とセルスターズ』として18年ぶりに復活・・・。


2006-12-24 20:00  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。