So-net無料ブログ作成
検索選択

東海林太郎 [歌謡曲]


【東海林太郎】(しょうじ たろう、1898年(明治31年)12月11日 - 1972年(昭和47年)10月4日)は歌手。
直立不動の姿勢で歌う戦前を代表する歌手。
秋田県秋田市台所町二番地に生まれた。
秋田県立秋田中学校(現在の秋田県立秋田高等学校)を卒業
東京に上京し国民英学校に生学び、早稲田大学商学部予科に入学する。
卒業間際に庄司久子と結婚した。
佐野学に研究科でマルクス経済学を学ぶ。
声楽を下八川圭祐に師事し音楽コンクールの声楽部門で「我恨まず」(シューマン)「仮面舞踏会」からのアリア「レナートの詠唱」を独唱し入賞した。
流行歌のレコードはニットーレコードで「宇治茶摘唄」の吹込みが最初。
キング専属になり1933年プロ歌手となった。
「河原月夜」「山は夕焼け」などを吹込む・・・。
NHK紅白歌合戦には、第1回・第6回・第7回・第16回の計4回出場している。
直立不動のスタイルは剣豪宮本武蔵を彷彿させるものであり、「一唱民楽」の言葉のごとく、歌は民のためという信念を持ち、あの常に真剣勝負の姿の歌唱魂は激動の昭和を生き抜いた時代精神を表している・・・。


2007-08-24 03:24  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。