So-net無料ブログ作成

新谷のり子 [歌謡曲]


【新谷 のり子】 (しんたに のりこ、本名: 新谷則子、1946年10月3日 - )は、日本の歌手である。
学生運動の闘士でもあった。
北海道北斗市(旧上磯町)出身。
本名は「あらやのりこ」と読むが、淡谷のり子と読みが一字違いで畏れ多いと、デビュー時にレコード会社の指示で「しんたに」と読むことになった。
奇しくも後年、淡谷のり子は新谷にとって、気骨ある反戦歌手の大先輩として尊敬する対象になる。
幼い頃から歌が好きで、NHKの『朝の童謡』のオーディションに合格、NHK児童合唱団にも属していた。
歌手になろうと、高校中退して北海道より上京、銀座のクラブで歌うようになる。
1968年から音楽クラブ「しんくら」に移った。
1969年より三里塚闘争に参加、ここで出会った戸村一作を恩師とあおぐようになった。
その直後に郷伍郎から自作の『フランシーヌの場合』を渡され、同曲でメジャーデビューすることとなった・・・。


2007-08-13 00:21  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。