So-net無料ブログ作成
検索選択

和田弘とマヒナスターズ [歌謡曲]


【和田弘とマヒナスターズ】(わだひろしとまひなすたーず)とは、スチールギター奏者の和田弘をリーダーとする音楽グループ。
ハワイアン、ムード歌謡の第一人者として知られる。
マヒナはハワイ語で「月」を意味する。
1953年、「山口銀次とマヒナスターズ」として結成。
翌1954年、リーダーの山口銀次が引退、和田弘がリーダーとなり「和田弘とマヒナスターズ」に改名する。
1960年代前半には、松尾和子らの女性歌手をむかえるスタイルをとり、日本レコード大賞を受賞した「誰よりも君を愛す」、当時としては驚異的な300万枚の売上を記録した「お座敷小唄」をはじめ、「寒い朝」「愛して愛して愛しちゃったのよ」、「ウナ・セラ・ディ東京」など多数のヒット曲を残した・・・
2004年1月5日に和田が急死。
現在は松平・佐々木が中心となって、マヒナスターズの活動は続いている・・・。


2007-08-11 14:40  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。