So-net無料ブログ作成
検索選択

中山晋平 [歌謡曲]


【中山 晋平】(なかやま しんぺい、1887年(明治20年)3月22日 - 1952年(昭和27年)12月30日)は作曲家。
長野県下高井郡日野村(現・中野市)出身。
多くの傑作といわれる童謡・流行歌・新民謡などを残した。
多くの作品が、現在も抒情歌または日本歌曲として歌い継がれている。
また、童謡には「兎のダンス」や「蛙(かはづ)の夜回り」のようなピョンコ節がかなりある。


2007-06-10 01:20  nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

北風魂

中山晋平の評伝は発売されています。
版元は地元長野県の郷土出版社。
本のタイトルは「近代日本流行歌の父 中山晋平伝」
著者は菊池清麿。
by 北風魂 (2007-07-05 16:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。