So-net無料ブログ作成
検索選択

フィンガー5 [小説]

昭和49年の事だった、当時沖縄の兄弟バンドがいて、作曲は外交官の息子さんで『都倉俊一』先生だと紹介された。バンドと言うより、歌と演奏が同時に出来て、両方が完成されていた感想を持っていた、このバンド『フィンガー5』を筑豊の飯塚の音楽祭に出演されると言う事が決定した。 当時は、『ドリフの全員集合!!』と言う名番組もあり、その登場名物の『ジャンボマックス』と言う大型人形も同時出演と言う条件がついていた。 『フィンカ゛ー5』は当時、オリコンでも何時も上位を占めて大人気でもあり筑豊飯塚に連れて行くことは、常識ではないことだったと記憶している・・・。「不可能を可能にする」と言う言葉を、初めて体験した時代でした・・・。


2005-11-09 14:39  nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 3

こすもす

えええー?フィンガー5が飯塚に来た?でも一度嘉穂劇場に西城秀樹が来たことありましたね。
だいたい飯塚は筑豊の中心部って感じでしたね。
わたしは直方出身ですがやはり飯塚は博多が近いこともあって活気があったことを覚えています。
by こすもす (2005-11-18 14:19) 

pochi2

昭和49年の夏で当時の飯塚文化センターでした。
飯塚音楽祭のゲスト出演で、警備が大変でした、他には美空ひばりも来ていました・・・。
本当の話です。私のBLOGにも書いています。
http://onishi.mo-blog.jp/ckh
by pochi2 (2005-11-26 21:24) 

Casino

はじめまして。飯塚音楽祭のプランナーの娘です。
飯塚音楽祭は、麻生セメントによる飯塚の町興しの企画でした。だから、コストに上限がなかったのでは、と今になって思います。
父は麻生グループとのコネがあっただけでなく、某テレビ局の音楽部ともコネがあったので、飯塚音楽祭に大物歌手を呼べたのでしょう。特にフィンガー5については、私が当時フィンガー5のファンだったから、無理を言って呼んだのではないでしょうか。
私も第1回の飯塚音楽祭には連れて行かれましたが、長旅で疲れていたために不機嫌モードで、残念ながらフィンガー5には気がつきませんでした。父も、前もって「フィンガー5が出るから」とは言ってくれなかったので。
詳しいことを聞こうにも父は既に故人でして、推測の域を出られず申し訳ありません。
by Casino (2009-08-17 19:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。